pixyda blog

ゲーム制作会社pixyda公式ブログ

地震発生から約5日 …pixyda札幌本社の現在…

2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により、
被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは、新入社員くみちょーです。
大きな地震から約5日が経過しました…

pixyda本社のある札幌市も震度4~6という強い揺れを受けました。
台風が上陸した(滅多に上陸しないのに!)直後だったので
まさに泣きっ面に蜂と言う感じです(ノД`)・゜・

震災後1日、2日は交通機関の麻痺、買い物と給水の行列、
停電による真っ暗な繁華街など初めて見る非日常な光景の連続でした…

f:id:yansatoX:20180910152103j:plain
f:id:yansatoX:20180910152152j:plain
f:id:yansatoX:20180910152140j:plain
f:id:yansatoX:20180910152150j:plain
f:id:yansatoX:20180910151441j:plain
f:id:yansatoX:20180910151435j:plain


お知らせにもある通り弊社スタッフは全員無事でございます。
社内機材の被害もほとんどなく、スタッフ自宅のライフラインもほぼ回復しており、
9月10日(月)からは通常業務を行っている状況です。 



社内の実害と言えば、揺れによって天井から壁材の欠片?が降ってきたことと、
積んであったスタッフ私物のボードゲームの箱が崩れたこと、
冷凍庫のアイスキャンディーが残念なことになっていたくらいでしょうか。

f:id:yansatoX:20180910152658j:plain
f:id:yansatoX:20180910144123j:plain
f:id:yansatoX:20180910144113j:plain


場所によっては十数時間の停電だったのですが、とても長く感じられました。
普段自分がいかに電気に支配されていたかが身に沁みましたね…(-_-;)
同時に人間同士の温かさのようなものに元気づけられる十数時間でもありました。
家族や地域の人と協力して公園で水を汲んだり、
道外の友人に心配されたり
社内slackを見ていると特にそう思いました。

月並みな言葉ではありますが、
私は普段からの備えがとても大切だということを痛感しました。
とりあえず最初の備えとして乾電池式の充電器を買います
(↑相変わらず電気に支配されている)

まだまだ余震は続いていますが(この記事を書いているそばから細かく揺れています)
状況は順調に回復していっているようです。

このまま一刻も早い復興を祈るばかりであります。
皆様もくれぐれもご用心ください。