pixyda blog

ゲーム制作会社pixyda公式ブログ

社員の好きなゲーム聞いてみた(札幌本社篇)

こんにちは、新入社員くみちょーです!
私事ですが先日iPhone5sからiPhoneXに機種変しました。

ぜ、前回のアンケートの結果にショックを受けたわけじゃないんだからねっ(;'∀')

そうです、本日早朝(現地では12日)にXの後継機、iPhoneXS Maxが
発表されたこのタイミングででございます。
速報:iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上 - Engadget 日本版

巷ではこのネーミングセンスが物議を醸していますが、私からはノーコメントで。

 

さて、今日は久々のアンケートです!
テーマは会社説明会などで学生さんからよくされる、
「社員の好きなゲームは?」という質問から。
ゲーム業界を目指す学生さんなら
現役のクリエイターが好きなゲームタイトルは気になるかもしれませんね。

ということで今日は社員の好きなゲームのジャンル
影響を受けたゲームタイトルを聞いてみました!

 

まずは好きなゲームのジャンルです。

候補は<アクション・RPG・アドベンチャー・シミュレーション・対戦格闘・シューティング(FPS含>・レース・パズル・スポーツ・音楽・その他>としました。
参考:コンピュータゲームのジャンル - Wikipedia

ちなみに複数回答可としました。結果はこちら⇩

f:id:yansatoX:20180911181618p:plain

やっぱりアクションとRPGの人気は不動ですね!

しかしもっと格差が生まれるかなと思いきや、結構ばらけました。
複数回答不可ならばまた違った結果になったかもしれません。
なかには全ジャンルに投票している熱烈な人もいたのでw

それからその他に記載されたジャンルは「謎解き」と「サンドボックス」でした。

 

次に影響を受けたゲームというお題の結果です。
ついでにその理由も聞いてみました。
せっかくなので回答者の職種ごとに分けて紹介します!

【プランナー篇】

  • 『ドラゴンクエスト5』
    アクションゲームが苦手だったので、アクションじゃないゲームというものが楽しいなあと思った。あとモンスターを仲間にできるシステムも楽しかった。ストーリーが衝撃的。
    (竹田)
  • 『イース』 
    思い出がありすぎて。(遅れて来たハムさん)
  • 『moon』
    このゲームでしか再現できない世界観とゲーム性。(新入社員U)

     

【プログラマー篇】

  • 『ファイナルファンタジーⅪ』
    これで大学をやめたといっても過言ではない。人生のターニングポイントだった。ただそれがあっての今なので、後悔はしてないです。(川内)

  • 『クイズマジックアカデミー』
    ゲームに関わる卒業論文を書いた。(アキ)
  • 『スターオーシャン』
    料理や執筆など本編以外の要素がたくさんあることに感動した。
    『ファイナルファンタジーⅦ』
    いろいろ感動した。(はやさか)

【デザイナー篇】

  • 『ゼルダの伝説FCディスクシステム版』
    ゲーム性、演出、音楽、謎解き要素が当時としては秀逸で、子供の頃に本当に ドキドキワクワクしならがらやっていた記憶。あとメトロイドも良かった。(ノヘ)
  • 『アフターバーナーⅡ』
    コンソールにあまり興味がなく、基本ゲーセン野郎だった俺が高校時代やたら 遊んだタイトル。

    『ストリートファイターⅡ』

    コンソールにあまり興味がなく、基本ゲーセン野郎だった俺が高校卒業後やたら遊んだタイトル。(児玉セロニアス)

  • 『エターナルアルカディア』
    世界観とシナリオと操作性良し。
    探索など遊び要素も多く、本当に楽しめたゲーム。(さいとう)
  • 『テイルズオブファンタジア・ディスティニー』

    水たまりのグラフィックは印象に残ってます。(おの)

  • 『ストリートファイターⅡ』(シロブチ)
  • 『ファイナルファンタジーⅩ』(杉本)
  • 『ICO』『PixelJunk Eden』『大神』『風来のシレン』『魔界戦記ディスガイア』(もっち)

 

いかがでしたでしょうか。
ゲームとは時に人の人生を狂わs変えるほどの力を持つものですね。
皆さんにも自信をもって好きだ、影響を受けたと言えるゲームタイトルは
ゲーム業界に入っても入らなくても大切にしてほしいと思います。
まだそんなタイトルに出会っていないという方は
これからじっくり時間をかけて見つけて下さい。
たった1本のゲームとの出会いがあなたの人生を変えるかもしれません!

ゲームに関しては今後「今現在はまっているゲーム」なんてアンケートも仕掛けていこうと思っているので、お楽しみに!